教育システム

教育システム-学習について

単位制・通信制 学習について 総合学科について 学習支援プログラム

レポート(課題報告)

レポートは、各自の自学自習のまとめとして、科目ごとに各自で作成(各期2回~9回)し、提出します。提出されたレポートは、科目の担当教員が添削指導をおこない、返送します。

 

 

スクーリング(面接指導)

スクーリングは、学習の理解度を深めるためにおこないます。科目ごとに決められた時間数(各期2時間~15時間)以上の出席が必要です。
スクーリングは、前期(5月上旬~7月上旬の8~9週間)、後期(10月中旬~1月上旬の8~9週間)に実施します。スクーリングは、上記期間のおもに月・水・金に行います。

 

履修認定

通信制では、規定枚数のレポートすべてが合格基準に達し、必要時間数のスクーリングに出席すると、その科目の履修認定となります。これは単位認定テストを受けるための前提条件となります。

テスト(単位認定テスト)

履修認定された科目について単位認定テストを受験しています。本校は、前期・後期の2期制となっていますので、年間2回のテストを各期の終わりに実施します。単位認定テストは科目によって、筆記テスト、実技テスト、その他作品などによる課題テストがあります。

単位の修得

単位は、レポートの規定枚数の合格、スクーリングの必要時間数の出席、および単位認定テストの合格により、修得できます。

特別活動について

街美化活動

街美化活動

特別活動には、ホームルーム・ボランティア活動(街美化活動など)や学校行事としての入学礼拝・ハイキング・音楽鑑賞会・クリスマス礼拝・人権フォーラムなどがあります。卒業までに30時間以上の参加が必要です。