お知らせ

6/18地震発生におけるケアについて

6月18日に発生した地震では、大阪府北部を中心に被害が出ました。被害にあわれた方、また生活に不便を感じておられる皆さまが一日も早く安心して日常生活を送られるように心からお祈りしております。 さて、地震そのものや交通機関への影響のため、不安を感じている生徒もたくさんおられます。そのためYMCA学院高校では下記の対応をしております。どうぞ参加や利用をして下さい。

・毎週水曜日の「わいわいカフェ」におけるケア

・保健室での応対 ・カウンセリング(要予約)でのケア

また、自分で不安と認識できていないけれど、体や心の症状として出る場合もあります。

もし下記のような症状があれば、遠慮なく担任はじめ教職員に申し出てください。

適切なケアを考えます。また保護者の皆様も下記の様子に気づかれた際はご連絡下さい。

<体の症状>

・食欲の異常はないか(拒食、過食)  ・睡眠はとれているか(1日後より)

・吐気・嘔吐が続いてないか  ・下痢・便秘が続いてないか

・頭痛が持続していないか  ・尿の回数が以上に増えていないか  ・体がだるくないか

<心の症状>

・心理的退行現象(幼児帰り)が現れていないか  ・落ち着きのなさ(多弁、多動)はないか

・イライラ、ピクピクしていないか  ・攻撃的、乱暴になってないか

・元気がなく、ぼんやりしていないか  ・孤立や閉じこもりはないか  ・無表情になってないか