お知らせ

ピンクシャツデー企画のご案内

【ピンクシャツデー企画のご案内】

オネエがお届けする総合エンターテイメント

ENVii GABRIELLA (エンヴィ・ガブリエラ)トークライブin南YMCA!

~「男」ってナニ?「女」ってナニ?・・ハザマを生きていいですか?~

学院高校PSD企画写真.png

日 時:2018年2月23日(金)14:00-16:00(13:30開場)

会 場:南YMCA2階ライブラリー /大阪市天王寺区南河堀町9-52(JR・地下鉄・近鉄天王寺駅から徒歩5分)

定 員:100名

参加費1,000円(高校生以下無料)

申込みこちらからお申し込みください。 

お問い合せ:takeno-hana@osakaymca.org

 

ピンクシャツデーとは

2007年、カナダの学生二人から始まったいじめ反対運動です。ある日、ピンクのシャツを来て登校した少年が「ホモセクシュアルだ」といじめられました。それを聞いた二人の学生が50枚のピンクのシャツを購入し、インターネットで「明日、一緒に学校でピンクシャツを着よう」と呼び掛けました。翌日学校では呼びかけに賛同した数百名の生徒がピンクのシャツや小物を身に着けて登校。学校中がピンク色に染まり、いじめが自然となくなったそうです。カナダでは毎年2月最終水曜日がPink Shirt Dayとして定められ、現在では70ヵ国以上の国で活動が行われています。大阪YMCAはこの世界的な活動に連なり、地域社会と協力・連携していじめの撲滅を目指します。

なぜENVii GABRIELLA (エンヴィ・ガブリエラ)?

日本ではまだまだ性的マイノリティ(LGBT)への理解が浅く、当事者たちを受け入れていない現実があります。今回、そのアイデンティティを公にして活動しているエンターテイメントユニット、ENVii GABRIELLAを招き、彼らのパフォーマンスを通して、その体験や思いを聞きます。

ENVii GABRIELLA (エンヴィ・ガブリエラ)の動画

各タイトルをクリックすると動画が見れます。


 

■寄付金のお願い■

本企画はみなさまの参加費と寄付金で開催します。趣旨にご理解いただき、ご協力お願い申し上げます。ご寄付はYMCA学院高校窓口か振込でお願いします。寄付金は税制優遇の対象になります。

三菱東京UFJ銀行(店番:0005)

大阪為替集中支店(支店番号:108)

普通預金 口座番号:0230020

名義:公益財団法人 大阪YMCA

フリガナ:ザイ)オオサカワイエムシーエー

*振込の際、振込者の氏名の前に「EG」を付けてください(指定献金とわかるため)。